チェック・チュールバッグ

r2681

フィット感抜群!(^^)

人気のチュールバッグのリュックタイプが入荷してまいりました。

開閉は横面。(縦ファスナー)

ペタンコに見えますが、薄めの電話帳(A4)が入ります。(^^)

r2589
r2588
r2590

こちらも優秀!

大判の斜め掛けです!(^^)

旅行などに最適!相当量の荷物が入ります。

r2596
r2592

↑こちらはすんなりA4書類が入りました。

リュック(2way)

r2134

michiamoのデザイナー、お気に入りのリュック!(*^^*)

と、言われたわけではありませんが(^^;↓この型は3シリーズで使っているので、気に入っていない筈がない。(--)

曲線だらけのポッテリとした美しいフォルム!使い勝手など微塵も考えていなさそうで、よくよく見ると外ポケットまで付けている几帳面さ。 どこを取っても「michiamo」らしい・・・と納得してしまうリュックです。

背中はクロスしているので、ずり落ちにくく、華奢な風貌は服装を選びません。

michiamoファン必見のリュックかと(*^^*)

r2121
r2118
r2120
r2141
r2142

↑ここが入り口 ↓これだけ入る。(ノートはB5版)

r2139
r2140

トップのファスナーは外ポケット。↓文庫本が楽々入ります。

r2131
r2153

↑ヒモをかさねると、↓セミ丈ショルダーになって、自然に肩に掛けられます。

r1845
r2138

リュック(^^)

r2083

この頃、リュックのお問い合わせが多いので、力一杯!リュックを掲載しております。(^^;

↑こちらはコロンとしたフォルムが可愛い~(^^) 小さく見えますが、マチが広いので、収納力も期待できます。(B5ノートは楽々入ります)

↓こちらはテッパンの定番。モンタナ(左)は前面のポケットの部分がエナメルクロコ(牛革に型押ししたものです)なので、ちょっとゴージャス!シックなチョコ色なので、麻は綿シャツに合いそうです。

ネロ(右)はリバイバル品。 以前、好評だった型が復活してまいりました。こちらは衣料革を使用しているので、使えば使うほど体に馴染んでまいります。 ヴィンテージ仕上げなので、色ムラや細かなキズは「柄」としてお考え下さいませ。(使い込むと、これが「味」となります)

r2071
r2076

BLACKAND collection リュック

r2066

ユニセックスの大判リュック!(*^^*) A4ファイルも楽々入ります。

r571

ウチの店が扱うには、ちょっとハードな感じがしますが、あまり分厚くないので威圧感はありません。ベルトも太いので、肩に掛かる負担は分散されます。

BOND collection リュック

r2057

当店で1番大容量のリュックが2色入荷してまいりました。(*^^*)

1~2泊の旅行なら、これ一つで行けそうです。(私なら、一週間行ってみせますが)(--)b

こちらの「ワイン」は営業さんが持っていたを見て即決。男性が持ってもイ~感じでしたので、ご家族でも使えますよ~!

ヒモが太いので、肩が楽!

普段使いにもお薦めで~す。

r2052
r2062

↓2リットルペットボトルが数本入ります。A4よりちょっと大きめの雑誌が縦にも横にも入ります。

r515
r2053

DAMAGE300 collection 

r1937

リュックが続々入荷しております。(*^^*)

今回は、ちょっと小さめ。とは言え、マチが広いので、かなりの収納力!書類ならB5サイズまで入ります!

革は牛革のダメージ仕上げ。色ムラが渋くてい~感じです!

↓裏面はナイロンメッシュなので、蒸れにくい。

r1934

B5ノート、ペットボトル500ml、文庫本フラットにはいります。

r1935

革リュック~(^^)

r1583
r1584
r1587
r1574

カラフルな新型リュックが入荷してまいりました。(^^)

こちらはTAでは初めての「革」リュック。ウォッシャブル加工(洗い)がされているので、汗ばむ夏でも使えます。(*^^*)

持ってみたら、軽くて柔らかい。

でも・・この形↓どうやって使う?ネットでの説明は難しそうだな~~と思いましたので、図解でやってみます。(^^;

r1586
r1571

↓モノの出し入れはこの形で。開閉はファスナーです。(中央の黒いのがファスナーの先)

r1580
r1578

↑ファスナーを閉めると、↓このような形に。

r1579

↑ファスナーの下部分に付いているマグネットを本体の下のほうに付いているマグネットにくっつけると↓この形になります。(^^)

r1576

↓中はボタンの付いた差込ポケットがぐるりと4箇所ついてます。緑色のがカード入れ。文庫本、フラットに1,5冊入る底面です。

r1577

↓荷物はこれだけ入りました。ペットボトルは500mlです。(横は折りたたみ傘(^^))

r1573

贔屓目無しに、カッコイイ!フィット感も文句なし。肩の部分もい~感じです。

ただ、ポケットは外にはありませんので、定期等はファスナーを開けて取り出します。(三角の状態でファスナーをあければ、カード入れが中に付いてます。)原型は四角ですが、書類を入れると、ファスナーは閉まりません。

ヴィータ リュック

r1223

最近、リュックを探されるお客様が増えています。(^^)

そこで、ちょっとしたウンチク。

店員サイドから見た優秀なリュックとは。(^^)

ありていに言って、「リュック」であるからにはカジュアルになる事は避けられません。いかに小さくても、リュックはリュック、美しく見せるには洋服との一体感が何より重要かと。こちらは極めてシンプルな外観で、ファスナーなどが見えませんので、服に溶け込みやすいかと。

また、このリュックは!安全。(*^^*) 背面に入り口(ファスナー)があるので、背負っている間に、本人に気づかれずに開けることはまず不可能です。まぁ、海外で切られる場合も想定されますが、この種の牛革を切るには相当な力が必要です。必ず衝撃で気付きますので、体に到達する前に走って逃げる時間を稼げるかもしれません。中の荷物が沢山入っていれば土嚢代わりでなお良いかも。鉄製のモノを入れていれば銃弾をも防ぐかもしれません。ただ、銃を向けられたら、迷わず荷物を差し出すことをお薦めします。他の場所に当たったら、一巻の終わりですので。

迷走し始めたので、話を修正。言いたいのは「背負った状態なら、中の荷物はまず安全!」という事です。

r1217

中身もこの通り!文庫本がフラットに2列に並びます。口も大きく開きますので、中が見やすい。500mlのペットボトルも楽に立てて入ります。短い持ち手が付いている事も肝心!重い荷物を入れている場合、この「持ち手」は不可欠。(--)

r1215
r1206

そして何より大切なのは、フィット感。重い物を入れても、踊らず張り付いてくれれば体感がグッと楽。(*^^*)ヒモがクロスしていると、肩幅の狭い方でもずり落ちにくくなる上、ちょっと長めの腰の辺りに長さを設定すると、背骨をそらすので、猫背になるのを防げます。クロスしたヒモは、重ねると綺麗にまとまりますので、セミ丈ショルダーバッグでも持てますので(右下)2度美味しい。(*^^*)

r1213
r1211

このような理由から、このリュックは「優秀」と断定。(*^^*)(あくまで私の主観です)店頭で革のリュックを探されている場合、私が接客させて頂くと、高確率でこれをしつこく薦められますので、お気をつけ下さい。